岡山県の太極拳、中国武術の教室|岡山太極拳推手倶楽部 BLOG

岡山県岡山市|伝統呉式太極拳|37式太極拳|四正推手|発勁|太極剣|八卦掌|心意拳|中国武術

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手を使わず体から力を出す。

今日練習した体育館で、中学のバレーボール大会が行われていました。



ウォーミングアップでトスやレシーブの練習をしているのを見ていると、上手な子は腕に力を入れずに足腰を柔らかく使ってボールの勢いを殺しキレイにレシーブしていました。

腕の力だけでレシーブしている子は、ボールを受けた時にバシッ!!と音が立ち、ボールの反発が激しくコントロールが難しそうでした。

できてる子は天性のものなのでしょかね・・(;´д`)

私も子供の頃から野球、水泳、柔道を習ってきましたが、どれも力任せにやってきました。

今は太極拳・中国武術を始めて、力を入れない方が強い力が出せるんだとハッキリ分かります。
力を抜いた方が、簡単に相手を崩す事ができるし、発勁でも相手を遠くに飛ばすことができます。
しかしまだ、子供の頃からの筋力に頼る癖が抜け切れていませんね。

中学生の頃は腕立て伏せを一日計500回くらい行なってた筋トレ馬鹿だった私が、今は筋肉トレーニング禁止の中国武術にはまっているなんて、不思議で仕方ありません(笑)
スポンサーサイト

| ◆練習日記 | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sawayakarenkou.blog119.fc2.com/tb.php/615-4548a011

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。