岡山県の太極拳、中国武術の教室|岡山太極拳推手倶楽部 BLOG

岡山県岡山市|伝統呉式太極拳|37式太極拳|四正推手|発勁|太極剣|八卦掌|心意拳|中国武術

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

漫画編集者ってすごい

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で、「漫画家 浦沢直樹」の担当編集者 長崎尚志さんをピックアップしてやっていた。  
表情の表現、レイアウト、など要求がすごく高いのだが、彼の言うとおりに手直しすると、2・3レベルアップした漫画になってしまう。   そこらの映画監督よりぜんぜんすごいような気がする。   ただ、そうとう画力がある漫画家さんでないと、彼の納得する原稿はあがらないだろう。   それに答えて、彼の期待以上の絵を描きあげる浦沢さんもすごいなぁ。

今日の練習は、
昼      内功   30分
夜  スワイショウ   30分
       走圏   1時間    です。

走圏のとき、腕と背中がいっぱいに伸びきった状態になり、力まなくても重力によって勝手に伸びて遊びがなくなる。   上半身は熊形の置物みたいな感じになり、それが落ちないように泥の中をゆっくり歩法で進んでいく感じになった。   
上半身は力まずに伸びたままに任せてしまい、意識は下半身に集中して全身が安定するように歩いた。
走圏をやりながら、普通にタントウ功をしているのと同じ感覚の状態になれた。  (馬貴派として正しい感覚かどうかは分からないけど・・・)
スポンサーサイト

| ◆練習日記 | 01:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

走圏しながらタントウの感覚って、それもうすごいレベルでしょう。いやあ、にっしーさんの走圏、とてもうまくいっているように見受けます。江口先生に聞いてみたいですね。私も負けてはいられません。練習は時間よりも質だとすると、どう」質を高めるかが課題だなあ。でも、量が質に転化するともいうし、ううむ。

| ざしきぼっこ | 2007/11/14 16:52 | URL |

あの・・・手を抜いてやっているだけです。
でも、こないだの坂野先生の話しでもあったけど、無理に感覚をだそうとして力みすぎてもいけないと思い、だらだらやってます。

| にっしー | 2007/11/14 22:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sawayakarenkou.blog119.fc2.com/tb.php/58-b49e2eec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。