岡山県の太極拳、中国武術の教室|岡山太極拳推手倶楽部 BLOG

岡山県岡山市|伝統呉式太極拳|37式太極拳|四正推手|発勁|太極剣|八卦掌|心意拳|中国武術

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

答えはシンプル

今は、なぜか患者さん少なかった。  
とくにPSTを使うような人もいなかったので つまらない・・・。   患者さんが少ない時こそ、難しい症状の人が来てくれればいいんだけどなぁ。

今日の練習は

昼休みに   内功   30分
夜   スワイショウ  1時間30分
        肩回し  30分

昼休みの練習で、乾杯式を練習したとき、初めて江口老師のような、ゲップのような呼気がだせた。   土曜に、丹田に溜めた内気の動かし方のコツを少し教えてもらったのでよかった。
体内感覚と言うのは、その人本人にしか分からないので、一つ何か勘違いしてると、全部が分からなくなってしまう。   私などは、勘繰りすぎて変な癖をつけてしまいやすいのだが、答えはいつも もっとシンプルであるような気がする。

自分の存在意味だとか、宇宙の価値だとかも、何か特別であるべきだと言う色眼鏡をかけてしまいやすい。  でも実際は、意味も価値もない単純でシンプルな存在であるはずだ。
ただ、みんな、色のない自分であることに耐えられない。   なぜなら、社会が色着きの人しか認めないからだろう。
スポンサーサイト

| ◆練習日記 | 23:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

色のない自分。いつだったか「透明な存在である自分」という言葉を世間に知らしめた少年がいましたね。彼は透明であるために人から認めてもらえず、あのような凶行に走ったのかもしれない。ふとにっしーさんの言葉にそう思いました。色つきでないために、認められるためにあそこまでしなければならないのか?でも、人にとって認められると言うことはそれくらい生存に関わることなのかもしれない。『12人の怒れる男』のなかで、偽証の根拠は「認められたかったからだ」と看破した路偉人がいた。人から顧みられずに朽ちていくことに言いようのない寂しさを感じたのだと。

いや、稽古とは関係のないことをだらだらと…。すみません。 

| ざしきぼっこ | 2007/10/23 18:10 | URL |

看破した路偉人
看破した老人の間違いです。(恥)

| ざしきぼっこ | 2007/10/23 18:11 | URL |

世間では、より苦悩が多い人のことを、向上心がある素晴しい人だ!と言っています。
苦悩がない人のことを馬鹿と言っています。
より色が濃い人は、自分でより苦悩を作っている人だといえます。   どっちが良い事かは、その人が今現在どっちを望んでいるかで決まるのでしょう。

| にっしー | 2007/10/24 01:05 | URL |

支離滅裂ですが

 名前書いていただいて、これは何か一言申し上げないとと思いました。世間は色付きが好きというご指摘、確かですね。冷麦の色つきを子供の時は選んで食べてました。味に違いはないと知りつつ。
 ここ数年おかげさまで、ますます人間ほどアサマシイ生き物はないと思うようになりました。だからなるべく他の生き物に迷惑かけないように生きるのが一番大切なんだと思っています。
 こんなこというと誤解されるかもしれないけど、人間のやることなすこと、結局死ぬまでの時間つぶしのようなところがあります(地球規模で言ったら人間てロクなことしなでしょう)。その点を踏まえて自分のささやかな希望を実現するべく、迷惑かけないように(無理だけど)、日々を努力しているなら、他の生き物から多少のお目こぼしがあるのではないかと思っています。人間からではなく、動物から見てどう見えるかを価値判断の基準の一つに据えるようになって、私は少し正気でいられるような気がしています。
 相変わらずまとまりがなくて、何を言っているのやら。申し訳ないです。

| 二福子 | 2007/10/24 06:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sawayakarenkou.blog119.fc2.com/tb.php/39-523c747d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。