岡山県の太極拳、中国武術の教室|岡山太極拳推手倶楽部 BLOG

岡山県岡山市|伝統呉式太極拳|37式太極拳|四正推手|発勁|太極剣|八卦掌|心意拳|中国武術

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

治療の難しさ

今週の火曜に、パーキンソンの昭和二年生まれのおじいちゃんが来院したいと電話があった。
新しく習った整体法がパーキンソンに対応できるので、院長のかわりに私がやることとなった。
だが実は、パーキンソンで来たのではなくて、一ヶ月前から酷い腰痛になってしまい、どこの治療院に行っても治らなくて、口コミでうちに来たらしい。
実際、激痛でまともに歩くのもままならず、奥さんに支えられながら入ってきた。
パーキンソンで間接の可動範囲が限られているうえ、酷い腰痛・・・どうしよう・・・とりあえず習った手技を試すしかないので一通りやってみた。 そしてやり終わったので、ベッドから立ち上がってもらおうとしたら、激痛が酷くて立つこともできなくなってしまった。 しばらくその場で休んでもらって、なんとか奥さんに担がれながら帰って行った。 このまま歩けなくなってしまうんじゃないかと思うほどだった。 私は落ち込んでしまい、その日は一日ブルーだった。 次の日もブルーだった。
そして今日の昼、また来院してきた。 あい変らず痛そうにしているのだけれど、一応「調子はどうですか?」ときいてみた。 すると、どうやら少しだけ楽になったらしい。 いろんな治療をしても何も効果がなかったのが、私が治療した後変化があったので、また来たらしい。 知人に顔色が良くなったと言われたそうだ。 ほっとした(T_T)。
私も、この人がまた来院して来てもいいように、「いかに負担をかけずに治療効果をだすか」イメトレしていたので、すぐ対応できた。 今度は痛い思いをあまりさせず、その場で効果をだして帰ってもらった。
明日容態がどうなっているかわからないが、パーキンソンのうえに股関節を痛めて(腰ではなかった)いるので、完治にはそうとう時間はかかりそうだ。
ここまで酷い患者さんを診るのは久しぶりで、ちょっと(かなり)動揺したけど、少し自信がついたかなぁ。

この患者さんで、タッチの仕方、タッチの放し方、体の揺らし方など、すごく勉強になった。 いかに相手に、体の緊張・脳の緊張を起こさせないか。手を放す時、いかに安心感を与えるか。(太極拳にも通じるものがあるかも)  自分の手の意識を消して触ることで、相手に強要感を与えず、自ら緊張をといていくように仕向ける。 パーキンソンやリウマチなど、症状が酷ければ酷いほどやわらかい刺激じゃないと身体が変わっていかないように思う。  

 
スポンサーサイト

| ◆練習日記 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sawayakarenkou.blog119.fc2.com/tb.php/2-d6acaf6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。