岡山県の太極拳、中国武術の教室|岡山太極拳推手倶楽部 BLOG

岡山県岡山市|伝統呉式太極拳|37式太極拳|四正推手|発勁|太極剣|八卦掌|心意拳|中国武術

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プレッシャー

外は風が強かったので、室内で卓球の試合を観ながら練習をすることにした。

いくら慣れているからといっても、こんな大舞台でテレビ中継までされて、もの凄いプレッシャーなのではないかと思う。   幼い頃から、こういう環境で育った愛ちゃんは、ほんとに凄いなぁ。

柔道の試合で、初めて決勝戦を戦ったとき、一つの試合会場にみんなの視線が集まりもの凄いプレッシャーで、開始わずか数秒で投げられて そのまま押さえ込まれ負けてしまった。
何がおきたのか、よく分からないまま終わってしまい、もの凄く悔しかったのを覚えている。

上京して中国武術を始めて、散打大会に何度か出場したが、柔道とはまた違ったプレッシャーがあった。
やはり決勝戦になると、試合会場が一つになるので、みんなが集まってくる。  名前をアナウンスされて舞台に上がらないといけない。

しかし柔道と違うのは、負けても柔道は投げられるだけだが、打撃系の試合は自分をノックアウトしにくる。   負けるということは、いっぱい殴られるという事なのだ。   または気絶させられる。
周りなんか気にしてられない。  「一発でも殴られるのはいやだから、殴られる前に殴らないと・・・」それしか頭になく、もの凄い集中力で試合ができた。
実際に全試合通して一発も殴られることなく優勝できたのだが、この散打大会では そんなことは私が初めてだったらしい。(ちょっと自慢

テレビであんな白熱した卓球の試合を見せられると、体が熱くなってくる。  また試合に出たいような・・・もうあんな緊張はこりごりのような・・・・。   今は、淡々と功夫をつんでいければ それでいいかな。

今日何人かの患者さんに、私が三月中で退職することを告げた。   そしたら後で患者さんから電話がかかってきて、「先生を引きとめたくて電話しました。 先生を目当てで来てる人がいっぱいいるから辞めないでほしい。」と言われた。
ちょっとビックリしたが、こんな嬉しい事はない。  こんなどうしようもない私でも、そのように思ってくれる人がいるのを知って、ほんとに嬉しかった。  今まで頑張ってきてよかったです。

今日の練習は、
昼       試力   30分
夜  シュワイショウ   1時間
        肩回し   1時間   です。
スポンサーサイト

| ◆練習日記 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分がやってきたことが間違ってなかった、評価されてるってとても嬉しいことですよね♪
にっしーさんはいつも治療に一生懸命取り組んでいたし、患者さんから見ればそんな先生がいなくなるのは大事態です(><)

離れてしまうのは寂しいと思いますが、自信を持って次の道に進んでくださいね(^^)/


| ぴょん子 | 2008/02/28 10:22 | URL |

ありがとうございます。 がぶばります(>Д<)
ぴょん子さんも、出張施術がんばってくださいね!!

| にっしー | 2008/02/28 12:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sawayakarenkou.blog119.fc2.com/tb.php/162-83d85d49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。