岡山県の太極拳、中国武術の教室|岡山太極拳推手倶楽部 BLOG

岡山県岡山市|伝統呉式太極拳|37式太極拳|四正推手|発勁|太極剣|八卦掌|心意拳|中国武術

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手術させたくない

三叉神経痛で、眼下痙攣で困っている女性患者が来ているのだが、なかなか良くならず、手術を考えているらしい。

この人は、デスクワークの仕事で肩や首がガチガチで、運動もしてなく、ストレスも強く、顎関節も悪くて、そこを施術したいのに、来るたびに違うところが痛くなってくるので、なかなか集中して手をつけられない。
そして、しょっちゅう注射をして症状を抑えているので、よけいだ。

手術の成功率も100%じゃないし、耳の神経に障害がでる可能性だってある。
できれば、本人がまったく生活習慣を改めて、自分で治していく気になってくれればいいのだけど、言っても自分で努力はしたくないらしい・・・・。

難しいことです。  私がなんど歯医者に行っても、甘いものがやめられないのと同じだ。  人のこと言えない。

今の治療院にいる内に、なんとか改善していくきっかけでもできればいいんだけれどなぁ。
願わくば手術はしなくてもいいようにしたい。

今日の練習は、
昼         内功   30分
夜   シュワイショウ   2時間 
         肩回し   30分   です。

あまりの寒さに、公園での練習を遠慮してしまった。  昼休みに公園に行ったときも、寒くて練習に集中できなかった。

シュワイショウ、肩回しをずっと続けてやっていると、だんだん体が無くなっていく感じがする。
それは、力みがとれて体が空洞のような感覚で、その空洞の中を気血が自由に波うって行き来している。
昔、仕事で体がガチガチだった私は、この体が全部なくなるように練習しようと頑張っていた。
体を鍛えるというよりは、いらないものを捨てていく練習だった。
その行き着く先に出会った究極のものが、意拳だ。   捨てるという概念さえも捨ててしまわないといけない。
何もしない。 ただひたすらに、体に自然にまかせる・・・。
スポンサーサイト

| ◆練習日記 | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sawayakarenkou.blog119.fc2.com/tb.php/148-2d519351

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。