岡山県の太極拳、中国武術の教室|岡山太極拳推手倶楽部 BLOG

岡山県岡山市|伝統呉式太極拳|37式太極拳|四正推手|発勁|太極剣|八卦掌|心意拳|中国武術

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

患者さんが幸せでありますように・・・・

体調が悪かったせいか、目覚ましが不調だったのか、9時から仕事が始まると言うのに、起きたのは8時59分だった・・・・。   急いで、1分で顔を洗って着替えて用意した。   あせった 

昨日よりは ましになったが、まだ頭が痛い。  イライラして治療に集中できない。  どうしても雑になってしまう。

前にも書いたが、こういう時は頭の中で「この患者さんが、幸せでありますように。」と唱えながら施術する。
まるで、慈悲のオーラで患者さんを優しく包んでいるような感覚になっていく。   すると、体の緊張が自然にほどけていき、タッチの強さも優しく丁寧になり、気がつくと頭痛は消えていた。

「自分が!自分が!」となっているうちは、何も見えてこない。  掴んでしまったものを、手放すことができない。
「自分」を手放すことで、体は自由となり本来の自然な状態に戻る。   その時初めて、「自分」は人生の主人公などではなく、ただの傍観者だったのだと気がつくだろう。

記憶や知識の以前の「私」。   男でも女でも、馬鹿でも天才でも、貧乏でも金持ちでも、何者でもない「私」に気がつき、そこに在り続ける事が、今生で出来る最も最低で、最も最高なことではないかと思う。

とある なんとかおじさん曰く、「あなたが今 幸せなら、結婚しようが離婚しようが幸せなのね。  なぜなら、あなたは今 幸せなのだから。   あなたが今 不幸なら、結婚しようが離婚しようが不幸なのね。  なぜなら、あなたは今 不幸なのだから。」

この言葉は、単純で複雑な人間の真理を言っている。   あなたが常に幸せなのなら、どんな不幸な事が起ころうとも常に幸せなのだ。    この状態は、「自分」を肉体・思考から切り離し、完全な傍観者に成りきってしまわないと達しえないと思う。

老子・マハラジ・王老師や鉄舟など・・・・本当に自由自在・無為自然になれた時、いったいどんな世界が彼らに見えていたのだろうか・・・・・・。 
スポンサーサイト

| ◆練習日記 | 01:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sawayakarenkou.blog119.fc2.com/tb.php/112-6abd3d3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。