岡山県の太極拳、中国武術の教室|岡山太極拳推手倶楽部 BLOG

岡山県岡山市|伝統呉式太極拳|37式太極拳|四正推手|発勁|太極剣|八卦掌|心意拳|中国武術

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

站椿功

中国武術を始める前、私にとって站椿とは憧れだった。
劇場版「ストリートファイターⅡ」でリュウが崖っぷちで風に吹かれながら構えをとっているシーンが、かっこよくてよく真似していた。
最近では、映画「スピリッツ」で霍元甲が田植えの途中に風を感じるシーンなどに憧れる。
私にとって站椿とは、苦しいけれど気持ち良くカッコ良くなければならないものである。
昔、馬鹿みたいに站椿をやっていたときがある。
お弁当を持って毎週土曜に公園に行き、朝10時から夕方5時までポケ~っとただ立っていた。(あまり低い姿勢ではないです)
長時間やることで、毎週新たな発見があり(不思議な体験も少しあり)、道場の先輩にもだんだん負けなくなっていき、おもしろくてしかたなかった。 站椿に恋した状態だった。
それがいつしか、仕事や日常の忙しさに負けてしまい、少しずつ站椿への情熱が冷めていき、お手軽な練習に逃げていってしまったように思える。
昔、S先生が「站椿は人間が考えたものじゃないね。宇宙人が考えたものです。そうとしか思えないほど奥が深い・・・」と言っていた。 当時は何言ってんだぁと思っていたが、最近は少し納得できる。

今週からまた少しずつ、站椿を中心に練習しているのだが、やはりこの站椿特有の充足感はなんとも言えないものがある。


スポンサーサイト

| ◆練習日記 | 00:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして、じゃなくて、始めましたね。
リンクして頂いているとはつゆ知らずご無礼つかまつりました。宇宙人発明のタントウ功、面白い話ですね。

| ざしきぼっこ | 2007/09/13 21:41 | URL |

コメント一号が、ざしきぼっこさんだなんて、とても光栄で~あります!

| にっしー | 2007/09/13 23:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sawayakarenkou.blog119.fc2.com/tb.php/1-513e7ceb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。