岡山県の太極拳、中国武術の教室|岡山太極拳推手倶楽部 BLOG

岡山県岡山市|伝統呉式太極拳|37式太極拳|四正推手|発勁|太極剣|八卦掌|心意拳|中国武術

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幸せでありますように

さっき、やっと歯医者に行って来た。
歯の捻挫みたいなものだと言われた。  歯と歯がちょっとあたっただけで痛かったので、ぶつからないように削って調節してくれた。  やっと口が閉じれる(T T)
抗生物質と痛み止めをもらって、様子をみるようにとのこと。
虫歯じゃなくてよかったです・・・。

自分が痛かったり疲れてたりすると、患者さんに対してどうしても雑になりやすい。  指に力が入りすぎたり、あせって筋肉の緊張を見逃したりなど・・・あと笑顔がつくれなかったり。

こんなとき、昔からやっているのが、患者さんにたいして心のなかで「○○さんが幸せでありますように・・・生きとし生けるものが幸せでありますように・・・」と三回唱える。  すると自然と肩の力が抜け、優しさがカムバックしてくるのだ。

昔何度か行った瞑想の会で教えてもらったのだが、当時は道ですれ違う人全てに唱えていた。  特に、自分を嫌っている人、または自分が嫌っている人に対して唱えると効果がわかりやすい。  怒りが湧き出てきそうな時も対象に向けて唱えるといいだろう。  
ず~っと唱えていると、なにか本当に自分が芯から変わっていくような感じがした。 (今は違います・・・)

おすすめです。 自分が悪だと思う人はやってください。

練習はこれから始めます!!  雨が降っているので治療院の中で頑張ります(^O^)/


スポンサーサイト

| ◆練習日記 | 19:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もっと頑張ろう・・・。

人は何かに依存しようとしてしまう。
依存無しでは生きてゆけない。
私にとってそれは武術だろう。  武術以外のものに浮気をするけれども、結局は私にはこれしかないんだと思い知らされてしまう。  
昔からやりたい事しかやってこなかった。  それなりに苦労もしたが、私に何が残ったかというと武術と落書きだけだろう。  せめてもっと練習して、飯の種になるようにしなければいけない。
武術をやっている自分があって、今の私が成り立っている。  私から武術をとったら、ただの小心者の馬鹿でしかない。  口下手で料理も勉強もできない。  運転免許もペーパードライバーだ。  散打大会の優勝トロフィーも3本あるが、マイナーな大会なので餌にもならない。
どうしようもないなぁと思う。  
武術以上に依存できるものが、これから先私に現れるのだろうか・・・。 

今日の練習は、

お昼休みに   内向  40分
夜に  シュワイショウ  30分
     タントウ     1時間
    木刀素振り    20分

丹田が充実してくると、なぜか自信が沸いて元気になってくる。
もっと練習しないと話しにならない人生だと、今日つくづく思った。

やっと明日歯医者だ!!  今は噛むと痛いので、チョコクリスピーを昼晩と食べてます。

| ◆練習日記 | 00:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薬は効く

今日も歯が痛い。
痛みのせいで、朝3時過ぎに目が覚めた。 4時頃まで、なんとかもう一度寝ようとしたが無理だったので、しかたなくまたバファリンを飲んだ。 30分しないうちに、あんなに痛かったのが嘘みたいに消えた。  すごい!!
ふだん薬を一切飲まないおかげなのか、ありがたい。

この薬の効き方をみると、ふだんの食事も薬ほどではないが、確実に体に影響していると思われる。  個人的には何も食べないほうが体には良いのではないかと思っているが、そんな事に耐えられるはずもなく、暴食している。  ただ、朝はぬいて、昼にいっぱい食べて、夜は練習があるので6分目くらいにしている。  普段は、寝る時には胃の中がからっぽになるように心がけている。

いまは、歯は感覚が麻痺したようになっていて、頭痛がしている。 まずいのではないかと内心ちょっあせっている。 今日はちゃんと寝られるのか・・・・。

練習は、集中するために20分ほど歩いた所にある、ちょっとした山になってる公園でやった。
こんな夜遅くに山のてっぺんに登る馬鹿は私くらいだと思っていたら、浮浪者に先に場所をとられていた。 仕方なく、ちょっと下がった所の平地で練習した。

シュワイショウ  40分
タントウ      30分

薬のせいか、むちゃくちゃ眠かったです。

| ◆練習日記 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歯痛

歯が痛い。
今、バファリンを飲んだので落ち着いたが、冷や汗がでそうだった。  こないだ、肉を食ったときに前歯でジャリっとしたので、だぶんそれが原因だと思う。 虫歯もあるとは思うが・・・。
前歯が痛いと鼻までツーンとくる。 神経がつながっているのがよく分かる。 首まで痛くなった。
今日、歯医者に電話したが、平日仕事の時間しか空いてなく、仕事を休むわけにはいかないので、土曜の夕方に予約をいれた。 私は我慢できるのか・・・? バファリンだけが頼りだ。
さっき晩飯を食ったが、歯と歯があたっただけで痛いので、ほとんど飲み込んだ。(T T)

歯医者といえばちょっとしたトラウマがある。
小学生の頃だったか。 いきなり歯科衛生士のお姉さん4人に動かないように押さえ込まれた。  私は、これからもの凄く痛い事をされると直感した。 歯医者さんが、痛くないよ~と嘘をつきながら治療を始めたが、案の定激痛だった。 あまりの痛さに、舌でドリルを除け様としたその時、あやまってドリルで舌に穴をあけてしまった。
痛いよりショックが大きかった。 (ベロに穴があいた~~~って泣いたかな?) 

だけど、さっき予約した歯医者さんは全然痛くない。 腕がいいので、痛い作業もすぐ終わらしてくれる。 前にそこで神経を抜いたのだが、まったく痛くなくあれっと思う間に終わった。
先生もなかなか気さくな人で感じがいい! 地元の患者さんに紹介してもらったのだが、行くたんびに、うちの患者さんによく会ってしまう。 やはり良い病院の口込みネットワークがあるんだなぁ。

痛みでじっとしてるのが辛いので、今日の練習はシュワイショウ1時間で許してくださいm(_ _)m

| ◆練習日記 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

期待と不安

何かを期待して待っている時は苦しい。 期待している事が起こらない時は、寂しさのあまり怒りにさえなる。
じゃあ、何も期待しないでいようとしても、それは期待しないことで得られる何かを期待しているだけだ。  何か期待や希望を持つと、現実とのギャップで苦しむ。 その苦を抑えようとして、新たな苦を生んでエスカレートしてしまう。

道元曰く、「願うことなかれ。 厭う事なかれ。」  自分を、理想の何者かにしようとするから悩んでしまう。 「心身脱落」 身も心も落ちるとこまで落ちればいい。 もっとも最低なとこまで落ちれば、あとは自分より高い者しかいなくなる。  
「人間本来無一物」 自分の存在価値など本来何もないのだ。 それを周りと比べることで自分を確立してしまう。

で・・・何を言いたいかというと、何か悩みがある時は、タントウに集中できません。(> <)

今日の練習は
シュワイショウ 30分
タントウ     1時間
内功       15分

修行がたらん。 前は、こういう時に良い公園があって、そこで練習してたんだけど、今の場所はなかなかむずかしい。

| ◆練習日記 | 00:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

疲れたので今日は寝る

今日は、友人と遊びに行った。
朝10時に待ち合わせして夕方まで歩きどうしで、急遽中華街で晩飯を食うことになり、また中華街で二時間くらいかなぁ・・歩き回り、練習より練習になったので、もう寝ます。

そう!中華街で、上海で売ってたパンダが太極拳しているTシャツを見つけた! 2500円くらいで売ってました。

| ◆練習日記 | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相手を受け入れる

今日は十条の太極拳の教室に行って来た。
基本の練功法をやったあと、「按」の技法を中心に江口先生に教えてもらった。
太極拳では、相手に力を出させて、その力を柔らかく吸収して重心を崩し、相手が虚になった所へ攻撃する。  しかしどうしても、力に対し力で応えてしまう。  相手をまず受け入れないといけないのだが、どうしても恐い。  自分が傷つくことが恐くて、相手を受け入れることができない。 まさに人間関係の縮図なのだ。  
先生曰く、推手をすると性格がわかるらしい。  
相手を受け入れるには、やはり自分に自信がないといけないだろう。 相手とぶつかっても心が揺れないだけの自信がほしい。  そして、相手を巧く導く技術がいるだろう。 自分と相手がぶつからないように誘導してやる。  その為には多少の嘘も必要になるだろう。 時には強引にいき、相手の反応をうかがう必要がでてくるだろう。  しかし最後には崩れてくる相手を優しく受け止めてあげる。  
そして相手がこちらに寄りかかっている隙をつき、ふいに突き放す。 このほうが、相手のダメージが大きいのだ。
ここまで書くと、太極拳はなんてひどい事をする武術なんだ・・・と思った(^^;)
太極拳がうまい人は人を騙すのがうまいのかもしれないなぁ。

今日の練習で、ずっとぶつかっている壁に少し小さな穴があいた気がした。

| ◆練習日記 | 21:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ステーキ食ったので・・・

今日夕方にMさんが遊びに来てくれたので、整体の実験体になってもらった。
手の痺れと、腰と、両膝を施術したのだが、その場で効果があったみたいで喜んでくれた。
Mさんは、私に最初に整体、そして武術のイロハを教えてくれた人で、今でも整体と武術の考えの根底には、Mさんの影響が強くある。 そのMさんに褒められて自信がついた。
プロフィールの画像も、似ていると褒められた!

そして、一緒に夕飯を食べに行って、550gのステーキをご馳走になってしまった。
食べ終わって駅に向かっていると、バッタリ患者のおじいちゃんに会ってしまった。 おじいちゃんは同窓会の帰りらしくて、かなり酔っ払っていた。  話しかけたが運のつきで、30分以上道端で自慢話に付き合った。  飲みに行こうと誘われたが、断らしてもらい別れた。 Mさんに迷惑をかけたかなぁ(^^;)

昨日、明日はがんばるぞ~!と書いてしまったが、ステーキでお腹いっぱいで練習はやめときます・・・。 

いつも治療に来てくれているおばちゃんが、軽度の脳梗塞になった。  いつもは「人の為に・・・」と、とても良いことを言っていたのだが、病気になったとたん人が変わってしまった。
こういう時に、その人が何に執着して生きているのかよく分かる。  やはり自分が一番かわいいのはしょうがないが、それでもあからさまに表にだされるとしらけてしまう。  
私の祖父はボケてしまった時、物に執着していた。 祖母は子供が自慢だと言っていた。
私は、これからどういう人生を歩むのだろうか。 (やっぱり食べ物かなw)
できるならば、いさぎよくありたいと思う。  

| ◆練習日記 | 00:19 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スッとする感覚

今日、タントウをしていたら新しい感覚を発見した。
例えるなら、喉に残っているご飯を、お茶で胃に流し込む感覚に近い。
こないだも近い感覚があったのだが、昨日のタントウでは再現できなかった。 今日は別に意識した訳ではないが、ふいに出てきたので、角度とか高さとか意識をいろいろ試してなんとか再現可能にした。 明日できるかわからないが・・・。
体中の老廃物が水で洗い流されて、丹田や足裏に沈殿していく感じかなぁ。 スッとする。
まだ脚が硬いのか、低い姿勢ではその感覚は維持できない。 
この感覚を追求していく先に、また新たな発見があるかもしれない。 もっと強くなれるかもしれない。 これが武術の醍醐味であり楽しさだ。

武術なんかやってどうするんだ?! 食っていけるのか?! とよく言われる。 特に親戚に・・・。
武術とは体を通して行う、実践的な哲学だと思う。 ただ考えるだけの哲学では思考のみでの理解になりやすいが、武術だとダイレクトに実感をともなって理解に至る。
武術を昇華させればヨーガや禅のように、釈迦や老子の境地にだって近づけるだろう。 

昔、岡山を離れて上京するときに、ある中国武術の先生に言われた。 「人生いろんな道があるが、たどり着く先はただ一つだ。 達人同士は道ですれ違っただけで分かるものだ。私は武術で、きみは絵の道で頂上を目指しなさい。」と。
残念ながら絵の道は土砂崩れにあってしまったが、なんとか武術と整体という道をみつけた。 今度その先生に会った時には、少しは認められるようになりたいものだ。

今日の練習は  

シュワイショウ 30分
タントウ     40分

だけです(^^;)  今日はちょっと時間がなかったので明日がんばるぞ~!!

| ◆練習日記 | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

醤油バター

今日コンビニで「ホタテ醤油バター弁当」を買って食べた。 
なかなか美味くて、バターが溶けたスープとホタテと野菜が絡んでマッチしていた。
そして、食べ終わったので容器を捨てようとしたその時、私は見てしまった。

容器の蓋に醤油袋が貼り付けられているのを・・・・・。(おそろしや~)

見なければ良い思い出だったのに (T_T)

で・・・今日の練習はあい変わらず

シュワイショウ 40分
タントウ     1時間
上海の練功  20分
です。 

今日は、いろいろあり集中できなくて重心があまり落ちきれなかった気がする。
明鏡止水だ!! ゴット・フィンガーー!!!!!

| ◆練習日記 | 01:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葡萄大福

「和菓子処 玉屋」という老舗を知っていますか?
あの、苺大福を世に送りだしたお店です。  いまでは苺大福だけではなく、季節ごとにさまざまな大福をだしているのですが、その中でも「葡萄大福」がすごくうまい!!
今日も患者さんが葡萄大福を差し入れてくれた。 
大福のなかに白あんと葡萄2粒が入っていて葡萄をかじると果汁が広がり白あんと混ざり、ものすごくジューシーで美味い!!  これを考えた人は天才だと思う。
だぶん今の季節でしか売ってないのかなぁ。 食べたい方はお早めに(^o^)/
葡萄大福


今日の練習は、昨日と同じです。

シュワイショウ  30分
タントウ      1時間
上海の練功   30分

昨日、上海で習った練習法をやってみたら、ちょっと気づいたことがあったので、しばらくはまりそうです。
きつい練習はやっぱり嫌だけど、それでも練習している時が一番楽しんでる気がする。

| ◆練習日記 | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死が身近に感じた時

今日、長島監督の奥さんがお亡くなりになった。 まだまだ若いのに・・・。
人はいつどうなるか分からない。 誰もが一度は死について考えるだろう。
私が高校三年生で進路を悩んでいた頃、あるお相撲さんが急に亡くなった。 そのニュースを聞いたとき、なぜか初めて死というものを意識した。 まだ身内も誰も死んでいなく、死が身近にいなかった。 
私も、いつか必ず絶対に死ぬんだ。 あの死というものを経験しなきゃいけないんだ。 と知識とは違う所で気づいてしまい、その日は朝まで寝られなかったのを覚えている。
それもあり、やりたいことをやってみて後悔しないようにしようと、某アニメーション学院に入学すべく上京を決意した。 (仕事はすぐ挫折というか嫌になって辞めました)
武術が辞められないのも、それがあるかもしれない。 死が怖かったので、武士道の本をその頃いっぱい読んだ。 死を美化して、カッコいいものにすり替えようとしていた。
でも何度か、あぁ死んだなと思った時があったが、気がついた時は気絶していたので、怖いと思う暇もなく、痛くもなかった。  柔道の閉め技で落とされた時なんかは、いろんな人の顔がパッパッパッと浮かんだかと思うと、ドラえもんと一緒に歌を歌いながら草原を歩いている夢をみていた。  ドラえもんに何処か違う世界に連れて行かれてたのかもw (本当です。馬鹿です。)

それで、今日の練習は、

いつものごとく、シュワイショウを30分やって体をほぐし
タントウを1時間 ポケ~と立って
上海で教えてもらった練習法を30分やって終わりです。

昨日の練習で、ちょっと筋肉痛になっていて、肩がまだほぐれきってない感じです。

ある本に書いてあった。 「生あるものにとって一番最悪なことは死だ。 だが一番最悪な死はもうすでに決まっている。 一番最悪ことが起こることは決まっているので、それ以上最悪なことは起きない。」

こんな感じだったとおもう・・・うる覚えです

| ◆練習日記 | 23:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

井の頭公園での8年ぶりの再会

今日は朝から井の頭公園に練習に行って来た。 
公園に着いたのは午前11時頃で、12時半くらいまでシュワイショウや肩回しなどやって体をほぐした。 
お昼になったので昼食を食べに行こうと用意してたら、一人の男の人が「意拳をやられてる方ですか?」と話しかけてきた。  んっ?!と見てみると、なんと約8年前ここ井の頭公園で練習していた時に知り合い、たまに一緒に練習していた人だった(たしか中国の少林拳をやっていたはずだが、今は楊式太極拳を始めたそうだ)。 私は顔をみた瞬間に思い出した。 彼も私のことを、「石田さん」と間違った名前で8年間覚えててくれていた(^^;)。
昔、私と推手をしたのが楽しくて、また会って推手を教えてもらいたいとずっと思っていたらしい。(太極拳をやる前の話なので、パワー推手です) ここで、いままでいろんな人にあったが、凄いと思ったのが二人だけで、そのうちの一人が私だそうだ。 光栄至極でご飯をおごりたくなった、けどおごらなかったのは言うまでもない。 
彼と一緒に昼食を食べた後に、じゃあ推手をやりましょうかと言うと、「今日はまだ練習をしていないので、タントウをやってからでいいですか?」と言ってきた。 練習をしてないと言っても、彼らしき人が向こうのほうで1時間くらい、いろいろやっているのを私は目撃している。  「いいですよ!いつもどのくらいやるんですか?」ときくと「MAXで2時間です。1時間でもいいですけど・・・時間ありますか?」と言ってきた。 何を俺だって・・・と思い「あります!!」と答え、2時間タントウすることとなった。
私は途中メールを打ったり、お茶を飲んだりしたのだが、彼は約2時間ほとんど動かずやり通した。すばらしい!  こういうセリフをあっさり吐いて実行する人は気持ちいい。 久しぶりに心が熱くなり、昔の情熱ある自分を思い出した。
そして少し休んで推手を始めた。
さすがにタントウをやりこんでいるだけあって力がある。足腰もねばりがある。だが残念な事に、まだタントウしか教えてもらってないらしく、重心が落ちてなく、肩でまわしている。惜しい。 
彼は養生者ではなくファイターだったので遠慮なくできた。 彼みたいな、力がありファイターの人が十条の教室に来てくれれば、もっと楽しいのにと思ったので、見学に来るように勧めておいた。
今一緒に練習している仲間が、ちょうど私より強いか弱いか分かれてて、同じくらいの人は最近来ないし・・・本気でガンガンやれる人がほしいなぁ。はいんないかなぁ~。
結局、4時半近くまで推手をして、握手をかわし家に帰った。
あ~~疲れた・・・。

| ◆練習日記 | 18:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドーナツ美味かった

今日、整体の講習会から帰って治療院で休んでいたら(わけあって職場に泊まりこんでます)、患者として来てくれてるおばちゃんが、ドーナツを持ってきてくれた。 
なんでも、新宿南口 高島屋の近くにある、ものすごく行列のできる店らしい。 朝の6:30に買いに行ったのに、一時間待ちだったそうだ!! うわさには聞いていたので、すごくうれしっかった。 
食べてみると、たしかに美味い! 油がいいのかなぁ、味も日本ぽくない感じがした。 感謝感謝!(^0^)!


今日の練習は、仕事・勉強での疲れをとるために、ほぐしを多くした。
シュワイショウ 2時間
肩回し     1時間
ちょっと休んで
タントウ    1時間
本当はいけないのだけれど、テレビを見ながらダラダラやっていた。
タントウは少し集中して、なるべく体の中を空洞にすることと、外と内の境を消すことを維持しながらやってみた。
タントウに集中することで、いやな事や考えから離れ、頭を休めることができる。
ある人が言っていた。 宇宙は、自分独り対この世界との戦いなのだと。 私にあらゆる感情を使わせるために、嬉しい事や悲しい事などあらゆる罠を仕掛けてくる。 罠にかかりエネルギーをやたらに消費し宇宙の肥やしになるか、戦いに勝ちエネルギーを蓄え新たな可能性を迎えるか。 それは、あなた次第だと・・・。
負けっぱなしです。 

| ◆練習日記 | 22:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死んだふり站椿

前に、ある老師に自然に立てと言われた。 
自然になるとはどういう事だろうか。 自然なんて言葉は人間のつくった造語にすぎないのだが、では不自然とはなにか。 知性があるものが作為的に何かを行う事ってかんじかなぁ。
ということは「私」が何もしないまま立ち続けないといけないと言うことか。
そうなるにはどうすれば良いのか考えて工夫していた。(工夫している時点で不自然なのだが・・・)
「私」を止めようとしても、この身体のどれが「私」なのか解らない。 自然に在って体にまかせろと言われたが、どこからが体なのか解らない。
いろいろ悩んでいると、あるHPに「死人禅」なるものが書いてあった。 そうだ死ねばいいんだと、単純な私は「死んだふり站椿」をやってみた。
夜中の11時頃、電灯のなるべくない真っ暗な公園で一時間くらい站椿してみた。 立ったまま限りなく死んでみる。 そんな馬鹿なことを半年間、雪か雨の日以外ほぼ毎日やっていた。
ずうっとやっていると変な感覚がでてきた。 「私」以外のものが動いているのだ。 いつもは「私」も一緒にこの世界と動いているので違和感はないが、あるとき「私」の存在に気づいた時、「私」が止まった時(気づいていなかっただけで最初から止まっていたのだが)、ものすごい違和感がでてきた。  「私」をつくりあげていた五感全てが「私」から離れ、そして「私」そのものだと思っていた記憶や思考さえも、客観的にみていた。 脳みそに「私」はいない。 私は、すごい発見をしたと思ったと同時に、その状態がなんか気持ち悪くて、それから「死んだふり站椿」をあまりしなくなった。
ある禅師に言わせれば、そんな状態は当たり前で、だからどうした、だからどうなる・・・ということらしい。 たしかにそう思う。

これを武術の強さに結びつけるのは、私には難しすぎる・・・。
ひょっとしたら、ちょっと違う方向だったかも(^^;)
 
興味のある方はどうぞ!!

| ◆練習日記 | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

治療の難しさ

今週の火曜に、パーキンソンの昭和二年生まれのおじいちゃんが来院したいと電話があった。
新しく習った整体法がパーキンソンに対応できるので、院長のかわりに私がやることとなった。
だが実は、パーキンソンで来たのではなくて、一ヶ月前から酷い腰痛になってしまい、どこの治療院に行っても治らなくて、口コミでうちに来たらしい。
実際、激痛でまともに歩くのもままならず、奥さんに支えられながら入ってきた。
パーキンソンで間接の可動範囲が限られているうえ、酷い腰痛・・・どうしよう・・・とりあえず習った手技を試すしかないので一通りやってみた。 そしてやり終わったので、ベッドから立ち上がってもらおうとしたら、激痛が酷くて立つこともできなくなってしまった。 しばらくその場で休んでもらって、なんとか奥さんに担がれながら帰って行った。 このまま歩けなくなってしまうんじゃないかと思うほどだった。 私は落ち込んでしまい、その日は一日ブルーだった。 次の日もブルーだった。
そして今日の昼、また来院してきた。 あい変らず痛そうにしているのだけれど、一応「調子はどうですか?」ときいてみた。 すると、どうやら少しだけ楽になったらしい。 いろんな治療をしても何も効果がなかったのが、私が治療した後変化があったので、また来たらしい。 知人に顔色が良くなったと言われたそうだ。 ほっとした(T_T)。
私も、この人がまた来院して来てもいいように、「いかに負担をかけずに治療効果をだすか」イメトレしていたので、すぐ対応できた。 今度は痛い思いをあまりさせず、その場で効果をだして帰ってもらった。
明日容態がどうなっているかわからないが、パーキンソンのうえに股関節を痛めて(腰ではなかった)いるので、完治にはそうとう時間はかかりそうだ。
ここまで酷い患者さんを診るのは久しぶりで、ちょっと(かなり)動揺したけど、少し自信がついたかなぁ。

この患者さんで、タッチの仕方、タッチの放し方、体の揺らし方など、すごく勉強になった。 いかに相手に、体の緊張・脳の緊張を起こさせないか。手を放す時、いかに安心感を与えるか。(太極拳にも通じるものがあるかも)  自分の手の意識を消して触ることで、相手に強要感を与えず、自ら緊張をといていくように仕向ける。 パーキンソンやリウマチなど、症状が酷ければ酷いほどやわらかい刺激じゃないと身体が変わっていかないように思う。  

 

| ◆練習日記 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

站椿功

中国武術を始める前、私にとって站椿とは憧れだった。
劇場版「ストリートファイターⅡ」でリュウが崖っぷちで風に吹かれながら構えをとっているシーンが、かっこよくてよく真似していた。
最近では、映画「スピリッツ」で霍元甲が田植えの途中に風を感じるシーンなどに憧れる。
私にとって站椿とは、苦しいけれど気持ち良くカッコ良くなければならないものである。
昔、馬鹿みたいに站椿をやっていたときがある。
お弁当を持って毎週土曜に公園に行き、朝10時から夕方5時までポケ~っとただ立っていた。(あまり低い姿勢ではないです)
長時間やることで、毎週新たな発見があり(不思議な体験も少しあり)、道場の先輩にもだんだん負けなくなっていき、おもしろくてしかたなかった。 站椿に恋した状態だった。
それがいつしか、仕事や日常の忙しさに負けてしまい、少しずつ站椿への情熱が冷めていき、お手軽な練習に逃げていってしまったように思える。
昔、S先生が「站椿は人間が考えたものじゃないね。宇宙人が考えたものです。そうとしか思えないほど奥が深い・・・」と言っていた。 当時は何言ってんだぁと思っていたが、最近は少し納得できる。

今週からまた少しずつ、站椿を中心に練習しているのだが、やはりこの站椿特有の充足感はなんとも言えないものがある。


| ◆練習日記 | 00:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。