岡山県の太極拳、中国武術の教室|岡山太極拳推手倶楽部 BLOG

岡山県岡山市|伝統呉式太極拳|37式太極拳|四正推手|発勁|太極剣|八卦掌|心意拳|中国武術

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伝統武術観摩交流大会に出場してきました!

11月24日に大阪守口で行われた伝統武術観摩交流大会に出場してきました。

前にも書きましたが、観客の前で演武をするのは初めてで、かなり緊張しました。

シーンとした100人以上の観客の前で、ひとり黙々と地味な太極拳演武を行うのは独特の緊張感がありますね(^_^;)

以前出ていた、蹴ったり殴ったりの散打試合の方が、気は楽でした(笑)

今回は自分の経験値を上げるために出場したので、とても勉強になり良かったです。

偶然話しかけてくれた選手の方が、なんと私と共通の友人がいたりとハプニングもありました(´∀`)

応援に来てくれた生徒さんが動画を撮影してくれましたので、自分への戒めも兼ねて(笑)アップします。








運営の方々、これだけのイベントを行うのは大変なことだと思います。
私のような者でも参加できる演武大会があるのは、とても嬉しく思います。
いろいろありがとうございました。
スポンサーサイト

| ◆動画付き日記 | 12:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

太極拳の型動画撮りました。

呉式太極拳慢架108式 〈32式まで

これで型全体の3分の1ないくらいです。



型の練習をおこなうと、いい感じでリラックスできて筋肉も伸びてくれるので、とても体が温かくなり楽になります。

太極拳!いいですね(゜´Д`゜)

| ◆動画付き日記 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

太極拳で人を飛ばすチカラ

私が中国武術をはじめるキッカケは、私が高校3年生の時にとある太極拳の先生に発勁で吹っ飛ばされたからです。

当時の私は柔道部にいて柔道最強論を唱えていました(笑)
腕立て伏せも一日合計500回くらいやっていましたし、100キロ以上のバーベル担いでスクワットもやっていました。
そこそこ強い自信があったのですが、60代の細い男性に発勁で軽く吹っ飛ばされたのは、ものすごい衝撃でした。
人間にこんなことができるんだぁ・・・・とw

それから私も高卒後上京して、運良く素晴らしい先生方達に指導してもらえ、少しだけ人を吹っ飛ばすやり方が理解できてきています。

まず最初にいっておくのは、人を飛ばすのは筋肉のチカラではありません。(もちろん気でもありませんよ)
腕立て伏せやスクワットをいくらやってもできませんし、むしろそういったトレーニングで付けた筋肉は邪魔にまります。
簡単に言うと姿勢(型)のチカラになります。
やり方を知っている先生について、正しい方法で正しく練習を続ければ誰でもできるようになります。




↑相手が腕を掴みに来たところを、勁を使って浮かせて飛ばしています。見た目よりも案外難しく、うまくタイミングが合わないと、こちらがバランスを崩し押されてしまいます。




↑横向きでしっかり踏ん張った状態の人を、太極拳の勁で飛ばしてみました。少し勁が固いですが、まあ私はこんなものです。本来は化勁で崩しを入れてから発勁で飛ばします。



私もまだまだでもっと努力が必要ですが、少しは高校の時に出会った先生に近づけてるのかなぁと思ったり思わなかったりしています(笑)

太極拳推手倶楽部では型や推手を練習をしながら、たまにこういった練習もおこなっています。(^ ^)

| ◆動画付き日記 | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

太極拳の姿勢(形)のチカラ

前回の動画が向きをまちがえて撮影してたので、また撮り直しました。
練習に参加していた生徒さんVS私!の構図ですw

太極拳の姿勢を正しくとると、大きな力を受け止めることができます。
それは筋力ではなく、姿勢のチカラになります。

少しでも筋力で対抗してしまうと、あっという間に形が崩れ押されているでしょう。
ですので、太極拳や伝統武術の教室では、西洋的な筋力トレーニングを禁止にしているところが多いです。
もし、太極拳修行者で腹筋がキレイ割れている方がいたら、その人は間違った練習をしていますね。


私もどのくらい耐えられるのか分からなかったので、まず4人に全力で押してもらいました。
私は片手で受け止めています。
相手の力をうまく足から地面に流すことで、ほとんど筋力を使わずに耐えられます。





なんとかクリアできたので、もう一人男性を増やして7人に挑戦。
さすがに片手は無理だったので、両手で受け止めています。
少し上体が浮きそうになりながらも、なんとか耐え切れた感じです(^ ^:





伝統武術は姿勢で戦います。

せっかく伝統武術には素晴らしい型があるのに、組手になると形を崩してキックボクシングの真似事をしてしまいがちです。
伝統武術には伝統武術の戦い方があるので、それを体現できるように頑張って練習していきます。

| ◆動画付き日記 | 17:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。